2019年2月2日土曜日

第13回つくオフ参加募集

第13回つくオフ参加募集

概要:


日時:    2019年3月2日(土)
場所:    筑波大学 - 第三エリア 3B402教室
ルール:   WCS(ウルトラシリーズ) / 全国シングル
方式:    予選:ブロックリーグ
       決勝:トーナメント
参加費:   500円 (見学者無料)
定員:    WCS32人、シングル32人、見学10人 ※人数次第で枠を拡張

二次会費用: 2000円(定員60名)

成績上位者には賞品を用意する予定



大会の流れ:

・予選は数グループに分かれて総当たりで試合を行い各グループ上位者は決勝トーナメントへと進出する
・対戦で使用するポケモンはバトルボックスに入れ、全試合が終了するまで固定すること
・順位決定方法はGoogleスプレッドシートを使用して計算をし以下の順に従う

【1】自らの勝ち点
【2】自分が勝った人の勝利数の合計
【3】直接対決の結果
【4】じゃんけん

・時間などの都合により行われなかった予選試合については両者負けとして扱う
・ただし参加者の過度な遅刻により起きた未消化試合は遅刻者の不戦敗として扱う
・受付時にパーティを記入するエントリーシートを配布、その後予選開始前に回収する
・決勝戦及び三位決定戦の試合は放送予定


注意点:

WCSルール:

ウルトラシリーズのルールを適用する
・WCSルール決勝トーナメントのみBO3を用いた対戦形式とする
・公式のルールに従い、1ゲームの対戦時間を20分とし、3ゲームの合計対戦時間を50分とする
・対戦が長引いた場合、対戦時間が45分を超えた時点でスタッフを呼び出し、50分を超えた時点からサドンデスを用いた方法でジャッジに移る

※Bo3の詳細はこちらのリンク先でダウンロード出来る公式フォーマットの3. Match Playを参照

・使用可能ポケモン

全国図鑑No.001~807のポケモンのうち以下のポケモンを除く

ミュウ、セレビィ、ジラーチ、デオキシス、フィオネ、マナフィ、ダークライ、シェイミ、アルセウス、ビクティニ、ケルディオ、メロエッタ、ゲノセクト、ディアンシー、フーパ、ボルケニオン、マギアナ、マーシャドー、ゼラオラ、サトシゲッコウガ

また、以下のポケモンにはパーティーに合計2体までという制限をかける

ミュウツー、ルギア、ホウオウ、カイオーガ、グラードン、レックウザ、ディアルガ、パルキア、ギラティナ、レシラム、ゼクロム、キュレム、ゼルネアス、イベルタル、ジガルデ、コスモッグ、コスモウム、ソルガレオ、ルナアーラ、ネクロズマ


シングルルール:
・使用できるのは、全国図鑑No.001~807のポケモンの内以下を除くポケモンである。

ミュウツー、ミュウ、ルギア、ホウオウ、セレビィ、カイオーガ、グラードン、レックウザ、ジラーチ、デオキシス、ディアルガ、パルキア、ギラティナ、フィオネ、マナフィ、ダークライ、シェイミ、アルセウス、ビクティニ、レシラム、ゼクロム、キュレム、ケルディオ、メロエッタ、ゲノセクト、ゼルネアス、イベルタル、ジガルデ、ディアンシー、フーパ、ボルケニオン、コスモッグ、コスモウム、ソルガレオ、ルナアーラ、ネクロズマ、マギアナ、マーシャドー、ゼラオラ、サトシゲッコウガ

共通事項:
今回から、QRコードの使用を解禁する。
QRコードを使用する場合、あらかじめ印刷されたQRコードを持参してください。
各ルールの範囲内において再現不可能な個体を含むQRコードの使用は認めない。
・『ポケットモンスター サン・ムーン』『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』だけでなく、『ポケットモンスター X・Y・オメガルビ―・アルファサファイア』で捕まえたポケモン、タマゴから生まれたポケモン、公式にプレゼントされたポケモンも使用することが可能。
・ポケモンムーバーによって連れてきたポケモン(上記のXY・オメガルビーアルファサファイアで入手したポケモンを除く)は使用することが出来ない。
・カロスマーク、アローラマークを持たない個体の使用は認めない

禁止事項:

・非正規ソフト、非正規機器の使用

・改造ツールが使用されたソフトの使用
・道具およびポケモンの重複
・通常プレイで覚えられない技を覚えさせたポケモンの使用
・2019年3月2日時点で出現が確認されていない隠れ特性のポケモン・道具の使用
・GTS・ミラクル交換で入手したポケモンの使用
・各対戦においてポケモンの個体・技・持ち物・技の並び順の変更、及び道具の使用(特性カプセルなど)
・対戦中にインターネット・ダメージ計算アプリ等の対戦補助ツールを使用すること
・対戦相手に対する誹謗中傷など、不快感を与える言動、行動
・第三者へのアドバイス、試合相手のパーティの過度な情報晒し等の行為


日程(予定):

9:45〜 受付開始  
   
10:30〜 挨拶、ルール説明等      

10:45〜 予選開始

(昼食は適宜お願いします)

14:30〜 決勝トーナメント開始
      
18:30〜 閉会式、表彰、片付け、解散

19:00〜 二次会


会場までの行き方:

http://www.tsukuba.ac.jp/access/tsukuba_access.html
↑を参考にどうぞ


その他:

・当日、会場入口にて参加登録をします。その際参加費を支払ってください。
・バトル前にエントリーシートにパーティポケモン・トレーナー名の記入をお願いします。エントリーシートは後ほど回収します。
・シングル、ダブルは同時進行のため、参加できるルールはどちらか一方のみです。
・小学生は保護者の同伴が必要です、保護者の方もその旨を記載し参加申請を行ってください (保護者の方は見学、参戦、どちらでも結構です)。
・電源が少ないので各自フル充電の上、予備のバッテリーを持ってくる等お願いします。

・昼食は各自でとっていただく形になります。近くにコンビニや弁当屋がありますが、少し遠いので昼食持参を推奨します(学食は一部開いてます)。
・会場での飲酒喫煙は禁止です。
・トラブルが起きた場合は運営の判断で退場してもらう場合があります。


参加登録について:


・参加登録期間は2/2~2/28です。

・参加登録期間外での申請は受け付けられません。
・登録内容の変更はこの記事のコメント欄またはTwitterアカウント(@298_poke)にて受け付けます。
・正当な理由のない参加キャンセルは当日の3日前までとさせていただきます。


参加希望者は以下のフォームに入力して送信ボタンを押すことで参加登録されます。
ここをクリックすると参加者が見れます。
参加者反映には時間がかかりますのでご注意ください。

2019年1月23日水曜日

部内戦「キャラ☆バト」

寒さが厳しい季節になってきましたね。一年のムウです。
先日部内戦「キャラ☆バト」が開催されました。参加者は自分の好きなキャラを選びそのキャラの手持ちだシングルバトルを行う企画です。

ルール
----------キャラについて----------
・作品とキャラクターを一人選び、その手持ちで戦う。
・選べるキャラはアニメ、ゲーム、漫画からとする。
・アニメキャラはアニメの1シーズンを1つの作品として扱う。
・指定した作品の内であれば自由に手持ちの組み替えはできるものとする。
----------ポケモンについて----------
・使用するポケモンの進化ライン、リージョンフォームが使用可能。
・指定した作品で同ポケモンを2回使っている場合進化ラインを変えるなら別のポケモンとして扱う。
・USUMシングルレート12準拠

計16人のサークル員が参加し、結果は以下のようになりました。

優勝 Yuta      準優勝 ぴょんぴょん


また、集計したポケモンとトレーナーのKPは以下のようになります。


元レートの王者ガブリアスや多くのトレーナーが使用するリザードンやボーマンダの使用率が高くなっていました。開催前に強いといわれていたシロナを誰一人使わないつくポケらしい結果になりました。また、某漫画のようにゼクロムになってきたり、トレーナーにダイレクトアタックする人がいなくてよかったです!

ではまた次の企画で会いましょう。

2019年1月2日水曜日

第13回つくオフ開催告知

つくポケ最大級のイベントがやってきました!!

第13回つくオフ開催です!!

日程:3月2日(土)

場所: 筑波大学第3エリア

対戦ルール:
・全国シングル
・WCS2019(BO3)



今回も2つのルールを同時開催!

    •  対戦方式
    シングル:
     予選:BO1ブロックリーグ
     決勝:BO1トーナメント          
    WCSダブル:
     予選:BO1ブロックリーグ
     決勝:BO3トーナメント

    ※WCS予選のルール対戦方式に関しては参加人時間との兼ね合いで調整していく予定です

    • 参加費 : 500円 (見学者は無料)
    • 定員 : シングル32人, ダブル32人, 見学10人
       ※人数次第で枠を拡張します
    • 二次会費用 : 2000円(定員60名)
    • 成績上位者には賞品を用意する予定です

    参加募集記事は2月上に掲載する予定です
    それまでしばらくお待ちください~

    2018年12月31日月曜日

    忘年会企画「ポケモン8種競技」

    今年も一年お疲れ様でした。つくポケ4年のbittです。
    師走の忘年会シーズンと言うことで、つくポケでも今年の記憶を失うために忘年会を行いました。そこでちょっとしたポケモン企画を実施したので、結果報告を兼ねて紹介いたします。


    企画参加者のサークル員には「忘れる前に思い出せ」という仮の企画名だけを伝え、内容は当日のお楽しみとしていました。忘年会に集まった13人のサークル員たちを待っていた企画とは…………






    今は平成何年なんだ…………

    というわけで、ウルトラサンムーンから過去作まで通してポケモン8種競技を行いました!

    各競技の紹介と結果を以下に書いていきます

    ①ウルトラワープライド

    最初の競技は皆大好きウルトラワープライド。準伝や禁伝を捕まえるため、ポケサー員なら何度となくプレイしているはず。
    5分間で何度でもチャレンジできますが、一番良い記録だと思ったところで光年が表示された画面で止めチャレンジ終了というルールで行いました。止めるタイミングが重要になるチキンレース的な競技となりましたね。

    1位は5598光年を出した1年のさごーまでした!

    ②フェスサークル アトラクション

    続いて13人が一斉にフェスサークルに潜ってアトラクション。サンムーン時代はフェスコインを貯めるため、占いと合わせて周回してた人も多いのではないでしょうか。

    今回は「ラッシュで岩を壊せ!」「英語レッスン」「逆さ相性診断!」の3種目を行って、平均した順位で競いました。

    1位は英語レッスンや相性診断で好成績を残した4年のティマイオス! サンムーンで周回していた経験が有利に働いたようです。

    ③スパトレ


    6世代からはスパトレ。基礎ポイント0のポワルンを使ってLv3の防御トレーニングに挑戦しました。
    成功できる人とできない人が混在する中、優勝したのは2分6秒でクリアした1年のさごーま!

    ④ポケウッド

    BW2からはポケウッドに挑戦! ポケウッドとはポケモンバトルを用いて映画を撮影する遊び。結末には台本通りの"GOOD END"、失敗した "BAD END"、隠しシナリオの "STRANGE END"の3種類があり、結末によって映画の興行収入が変化します。
    撮影するのはレンタルポケモンでも3種類すべての結末を撮れる「ハチクマンの逆襲 リターンズ」
    優勝はただ一人"STRANGE END"を撮影し興行収入9999億円を獲得した1年のムウ!
    残念ながら"BAD END" を撮影し-9998億円となった人も4人いました……


    ⑤フェスミッション


    ミッション選択時に select↓↓↓↑↑↑↑select

    ハイリンクに潜って4人1組でフェスミッション。「記憶の限界へ」と「じゃんけん大会」の2種目で競いました。
    街から街へ急いで移動しながらピエロと園児を探すのが最も上手かったのは、1年のさごーまと3年のエアーマン!

    ⑥ポケスロン

    続いてHGSSからポケスロン。ポケスロンは手持ちのポケモンにボンドリンクを与えてパフォーマンスを向上させることができますが、平成30年に4rom分のぼんぐりを集めるのが面倒だったため公平を期すために同程度のパフォーマンスのポケモン3匹で対戦しました。
    the 平均的なポケモン

    マスターコースで対戦したためポケスロンの種目はグループごとにバラバラでしたが、4種目+ボーナスで獲得した最終得点で競った結果、1位は450点を獲得した4年のティマイオスとなりました!

    ⑦ポフィン作り

    そしてダイヤモンド・パール・プラチナではポフィン作り。オボンの実を使って一人でポフィンを作り、そのレベルを競いました。

    焦がさないようにこぼさないように……

    レベル13のすっぱいポフィンを作成して優勝したのは、1年のたけふじと4年のティマイオス! こぼさないように注意しすぎて回転が遅くなり、レベル12となってしまったプレイヤーも多かったようです。

    ⑧ポケモンス-パーコンテスト

    最後の競技は4人1組のコンテスト対決! 3世代のコンテストとは異なり、4世代ではビジュアル+ダンス+えんぎの3項目で競います。
    今回はその場で野生ポケモンを2匹捕獲し、そのポケモンでコンテスト(部門はランダムに決定)に挑戦してもらいました。

    各グループの優勝者は1年のたけふじ、3年のエアーマン、4年のちぐりもとなりました!
    4世代の野生ポケモンについて誰も覚えていなかったため(当然)、運勝負の要素が大きかったですね。最後の演技で審査員被りにキレる姿を見て非常に懐かしい気持ちになりました。


    以上の8競技を行った結果、総合優勝は3競技で1位を取った1年のさごーまとなりました! おめでとうございます!
    優勝景品として、既に年を忘れてそうなコダックのぬいぐるみを贈呈しました。

    他にも今回の競技の候補として
    マンタインサーフライド(7世代)……ギャラドスなんちゃら未解禁がいると良くない
    ポケファインダー(7世代)……ズーム等の機能解禁の差が大きい
    ポケパルレミニゲーム(6世代)……やろうと思ったら最高難度解禁してなかった
    ポケモンミュージカル(5世代)……順位が明確にならない
    たんけんセット(4世代)……ハタ取りは時間がかかりすぎる
    (~3世代)……通信ケーブルが家になかった
    などがありました。皆様もたまには昔のポケモンを起動して遊んでみるのはいかがでしょうか。
    意外とハマるかもしれませんよ?

    企画紹介 & 結果発表は以上となります。今年のうちに記事が書き終えられて良かった。
    来年もつくポケをどうぞよろしくお願いします。